批判されることを怖がって諦めるのはもったいない

白木リリ@外苑前 14:30

コスプレには私の好きが詰まってるんです。
アニメが好きで、非日常的な恰好をするのも好きだから。

でも、アニメが最初から好きだったわけじゃない。
本当のきっかけは、友達を作るため。
小、中学校の頃、人付き合いが苦手で…友達と共通の話題が欲しくて見始めたら、ハマったんです。

コスプレとか動画配信に興味が出てきたのも、その頃。
実はニコ生配信とかやってました。
でも、お金もないし、親にも反対されるし、やりたくてもたくさんは出来なかった。

やりたいことができなくて、高校時代はどんどん病んでった。
短大行ったらなんか変わるって思ってたけど、何も変わらないまま2年経って、卒業の年。
そりゃそうなんですよ、だって何にも努力してなかったから。変わるわけない。

卒業したら、海外に行くか、服飾の専門学校に行こうと思ってました。正直、逃げの選択。夢とか目標があって、そこに行きたかったわけじゃなかった。

変わったのは、短大卒業の直前に、ラブライブのライブに行ったこと。
ステージを見て思ったんです。「私が本当にしたかったこと、これだった」って。
やりたいことにちゃんと気付いたら「なんで遠回りしてんだろ」と思って、専門学校に行くのはやめて上京しました。
ダイエットもしたんです、1か月で10キロ。
10年間ダイエットできなかったのに、「コスプレで夢を叶える」って決めただけで、ちゃんと痩せられた。

「やりたいことをやりたい」って伝えられるようになったら、応援してくれる人も増えました。

前は、やりたいことを口に出来なかった。評価されなかったらと思うと怖かったから。
Twitterに写真載せても誰も見てくれなかったらどうしようとか。
世の中にも沢山いると思うんですよ、少数派になるのが怖くて主張できない人。私もそんなひとりだった。

でも、もう周りの言うことなんて気にしません。
今世界が注目するレディガガだって、誰にも知られない時代があったはず。誰でもそう。
批判されることを怖がって諦めるのはもったいないと思う。

病んだ時期もあったけど、今の自分が一番好き。
この先は…世の中に私を知ってほしい。
理由は分からないけど、小さいころからずっと思ってたんです。

TOKYO VOICE VOL.02にも掲載中
http://tokyo-voice.jp/

girl:白木リリ
photo:TakayoshiPhoto / insta
story:はぎー